電話するお問い合わせ

MENU

リフォームプランニングのブログ

HOME > ブログ > スタッフブログ > 壁紙の歴史は、古いんです。

壁紙の歴史は、古いんです。

壁紙は古くからヨーロッパ、またはアメリカなど世界で親しまれてきました。

すごい古い壁紙は、イギリスで発見された1509年製の壁紙です。

日本では、経済成長期にあった昭和40年代に一般家庭に広がりましたが、

経済性と効率化を優先した日本では、壁紙はインテリアではなくて、

住宅建材の一部として考えられたのです。

そのため、最低限の予算で張ることのできる白色のビニールが主流となりました。

日本製の壁紙の80%以上は、白やベージュの無地です。

海外の壁紙はほとんどに柄があり、無地でも美しい色彩を持つものばかりです。

輸入するクロスの魅力は、海外では多くのメーカーが多種多様なデザインの壁紙を作っています。

室内をより魅力的にするインテリアの一部として、壁紙は広く認識されているのです。

 

2012年9月7日

ページトップへ