電話するお問い合わせ

MENU

リフォームプランニングの内装リフォームの施工ブログ

HOME > ブログ > スタッフブログ > 12月21日戸建の内装のリフォーム@世田谷

12月21日戸建の内装のリフォーム@世田谷

リフォームプランニングの松高です。

本日は、世田谷の戸建の内装のリフォーム工事に専念してます。

 

今回は、建物からの新築の建築工事ではなく、内装のリノベーションのリフォーム工事です。

中は、ほぼ新築のようなリフォームの工事です。

 

今回の内装の内装

■壁から組み立てたりするので下地処理(パテ処理)

■クロス張替え

■ダイノックシートの施工

■トイレの新規取付け

■窓の新規取り付け

■システムキッチンの新規取り付け

■クローゼットの取付け

■リビングの間仕切りの大工工事

 

 

壁と壁の間の角の「コーナー」の角を作ります。

このコーナーの部分は、最終的に壁の角になります。

クロス貼り替えではなく、新規ボードの壁から施工を

する様なクロスの施工なので今回のクロスの施工のポイントは

どれだけ下地処理が綺麗に仕上げられるかが大事なポイントです。

 

この下地処理の作業が順調にすすまないと、クロスが貼れないのです。

パテ処理が綺麗に仕上がらないとクロスを貼った際にデコボコになってしまいます。

 

なので、リノベーションの際には下地処理に時間をかけます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クロスを貼る際には床の施工が完了してますので床が綺麗に仕上がっているので

養生をしながらのクロスの施工します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この時点では、まだ巾木や器具付けがされていない状況なので

クロス貼る際に非常にスムーズにいきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

天井もクロスを貼る際に電気工事もまだ終わっていない状態なので

電気のシーリングライトやダウンライトも付いていない状態なので

作業がスムーズにいきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

天井の施工の様子。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クローゼットの中の様子。

まだ、クローゼットに扉がついていない状態です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リノベーションの工事での

クロス貼り替えは、この様な施工の段取りになります。

 

 

クロスの貼り替えのリフォームで結構よくやるのが

クロスの機械から採寸して糊付けして細断されたクロスの材料は、

この「カンガルー」と呼ばれる」透明な袋の中に入れて糊が乾かない様にします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「カンガルー」という透明な袋

クロスの糊が乾かない状態にさせる袋

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この様にしてくクロスの貼り替えをしてます。

 

■ダイノックシートの施工は、テーブルのカウンターの台の施工です。

 

リフォームリノベーションで分からない事や不安な事があれば何でも

対応致しますのでお気軽にお問合せ下さい。

 

お見積りや概算のお問合せも個人様、管理会社様やオーナー様

オフィスのリフォームや在宅のリフォームや店舗のリフォーム

どんなリフォームでも対応致します。

 

 

 

 

 

 

2018年12月21日

床、壁

扉窓

和室お掃除

バナー

  • 法人・オーナー様向け
  • ブログ

会社概要

  1. 会社概要
  2. 施工事例
  3. お問い合わせ
ご利用の流れ

FacebookFacebook

ページトップへ