電話するお問い合わせ

MENU

リフォームプランニングの内装リフォームの施工ブログ

HOME > ブログ > スタッフブログ > 6月18日(火曜日)扉の補修

6月18日(火曜日)扉の補修

こんにちは。
リフォームプランニングの松高です。

 

今日もお天気が良いですが少し湿気がある湿度が高い気温ですね。
梅雨の時期のピークは幸いにも続きそうにないですね。
来週にまた多少の雨と曇りの日がありそうですが

 

連続に続く事は幸い無くて良かったです。
2019年の今年ももうすでに半年が立ち、
6月のこの閑散期の時期はどの業界も
落ち着いてくるのではないでしょうか。

 

 

建築の業界も1月から5月のゴールデンウィーク明け
くらいまでが特にリフォームの繁忙期のピークでしたのですが
今は、ようやく現場の段取りもゆっくりと落ち着いてきました。

 

 

この時期はパンパンのスケジュールではないので
結構動きやすい時期です。
お見積りもの際もフットワーク軽く動けます。

 

 

 

本日はお打ち合わせで世田谷から中目黒に来ております。
都内のマンションに来ております。
電車でいうと『中目黒』駅から徒歩5分ほどの
場所にあるマンションの内装リフォームです。
(築30年くらいの15階建てのマンションです。)

 

 

中目黒のマンションの内装工事のリフォームの内容

■クロス張替え(部分張替え)

■床のタイルカーペットの張替え

■トイレの便座の交換

■ハウスクリーニング

(キッチン、洗面所、トイレ、浴室の水回りクリーニング)

 

■扉に穴が開いてしまっているので扉の穴を塞ぐ『扉補修』

■扉のダイノックシートの施工

 

 

今回の内装リフォームでは扉の補修の施工の紹介します。
玄関以外のお部屋の中にある扉のはなんらかの影響で
【劣化や使い勝手によって】扉の補修が必要になる場合があります。

 

 

この場合は、扉の新規交換のお話ではなくてダイノックシート貼りの
リフォームで直せる事ができます。

 

 

ダイノックシートで直すという事ではなく、
まず扉の穴の補修の修理を行って穴を塞いでから
ダイノックシート貼りになります。

 

穴を塞ぐ事は、簡単にいかないのでDIYで行ってみても
失敗する事があります。今までも自身でダイノックシートを貼ろうと
チャレンジされたが失敗された方もいました。

 

 

例えばダイノックシートを自身で貼れたとしても、
施工している途中でシートの中に空気が入って浮いたりして
綺麗に仕上がらなかったなどのご相談もありましたが
取返しつかなくなってしまうことはありませんのでご安心ください。

 

 

 

私は、ダイノックシートの施工と
クロス貼り替えに関しての専門の職人歴ですので何かありましたら
直接私が現場を拝見して判断致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年6月18日

床、壁

扉窓

和室お掃除

バナー

  • 法人・オーナー様向け
  • ブログ

会社概要

  1. 会社概要
  2. 施工事例
  3. お問い合わせ
ご利用の流れ

FacebookFacebook

ページトップへ